Takamatsu University / Takamatsu Junior College

高松大学・高松短期大学

高松大学

発達科学部

●子ども発達学科/児童教育コース、幼児教育コース、特別支援教育コース

経営学部

●経営学科/企業経営コース、経営情報コース、会計コース、スポーツ経営コース

高松短期大学

保育学科

ビジネスデザイン学科(2024年4月、秘書科から名称変更)

総合ビジネスコース、医療事務コース、グローバルビジネスコース、ヒューマンITコース

対話と実践を大切にした温かいふれあいの教育

1969年に高松短期大学を開学し、1996年に4年制の高松大学を開学。短期大学は2019年で創立50周年を迎えました。
「対話にみちみちたゆたかな人間教育をめざす大学」を建学の精神の一つに、対話に基づく豊かな人間教育と社会に即応できる実践力を育む教育を特色としています。
高松大学は、幼児・児童教育や特別支援教育のプロフェッショナルを目指す「発達科学部」、企業や自治体で活躍できる力を身につける「経営学部」の2学部を設置。
高松短期大学は、幼稚園・子ども園・保育所の先生を目指す「保育学科」、ビジネス・医療・サービスなど様々な分野に対応できる人材を育てる「ビジネスデザイン学科」の2学科があります。

なりたい自分になるための取り組みとサポート

就職支援

地元の就職に強く、さまざまな分野で学びを社会に生かせる

多くの検定試験をはじめ、公務員・教員採用試験合格に役立つ課外講座も随時開講。
社会で活用できる知識や技術を身につけられます。
キャリア支援課では、質の高い就職指導で学生一人ひとりを徹底サポート。
毎年高い水準の就職内定率を誇り、思い描く夢や未来を現実へとつなげます。

地域連携

大学での学びを地域活動に
机上では得られない大きな「何か」を学び取る

「げんき村わんぱく通り」の活動や読み聞かせ活動、人形劇、地元イベントのボランティアなど、学部学科やゼミ、クラブ活動で、学生が地域で積極的に活動しています。
高松市、東かがわ市、坂出市、三木町、さぬき市とも連携協定を結び、地域との活動や交流を通じて学びの場を広げています。

施設設備の紹介

豊かなキャンパスライフを過ごすのため学習設備や憩いのスペース

少人数制のゼミ室や研究室活動を行う学生研究室、教員研究室をはじめ、講義室、実習室、実験室、ピアノ練習室など充実した学習施設を完備。
学内には自然光がふりそそぐ心地いい食堂やミニコンビニがあり、眺めの良い2階のテラスはリラックススペースとして学生に人気です。
屋上緑化や雨水利用など環境にも配慮しています。

在校生・卒業生の声

在校生の声

秘書科 2年生

留村 紗耶

高松市出身

将来就職する際に即戦力となれる力を身につけたいと思い、秘書科を選びました。
秘書科では、ビジネスマナーやパソコンのスキルなどを詳しく学び、それらに関する多くの検定資格を取得することができます。
少人数だからこそ先生方が親身になってサポートしてくださるのも秘書科の大きな魅力の1つです。
(2024年4月、ビジネスデザイン学科へ名称変更)

卒業生の声

高松市立小学校 小学校教諭

大西 紗香

2021年度発達科学部子ども発達学科卒 木田郡三木町出身

教員をめざすなら人前に立つ練習をしなくてはと思い、新入生歓迎セミナーの実行委員に立候補したことが自分を変える一番のきっかけになりました。
一年後を見通した計画力や200人の学生、先生方をまとめる運営力は今でも私の最大の武器です。
教員には必要ないと思われた授業やボランティアへの挑戦なども無駄なものは一つもないと学びました。

出身都道府県

2023年5月時点

香川県690人
高知県24人
沖縄県22人
愛媛県19人
徳島県15人
鹿児島県14人
岡山県11人
島根県9人
広島県8人
北海道7人
福井県3人
山口県3人
大阪府2人
兵庫県2人
福岡県2人
宮崎県2人
千葉県1人
滋賀県1人
奈良県1人
和歌山県1人
鳥取県1人
熊本県1人
高卒認定1人
外国16人

学部別卒業後の主な進路

2022年度卒業者

発達科学部
※「医療・福祉」は、主に「保育士」の就職先です。
※「教育・学習支援業」は、主に「小学校教諭」「特別支援学校教諭」「幼稚園教諭」「保育教諭」の就職先です。
経営学部
保育学科
※「医療・福祉」は、主に「保育士」の就職先です。 ※「教育・学習支援業」は、主に「小学校教諭」「特別支援学校教諭」「幼稚園教諭」「保育教諭」の就職先です。
秘書科
※「医療・福祉」は、主に「医療事務」「医療秘書」の就職先です。

お問い合せ先

本校/香川県高松市春日町960番地
最寄駅/JR太木町駅
電話番号/087-841-3255